日帰りで行ける観光スポット第2弾!リシンガ名物、イチゴ狩り!!

こんにちは。モザンビークで青年海外協力隊としてボランティア活動をしているGoです。

リシンガはこの時期寒いだけあってなんとイチゴが採れます。

日本のスーパーに並べられているのと比べると形はいびつですが、味は美味しい!

他の州でイチゴは売られていないので、ヨーグルトに並ぶリシンガの名物の一つです。

最高に美味しいヨーグルトについての記事はこちら。

こんにちは。モザンビークで青年海外協力隊としてボランティア活動をしているGoです。 僕の住んでいるリシンガにはコンビニ...

先輩隊員たちのリシンガ訪問最終日にみんなでいちご狩りに行ってきたので紹介したいと思います!

イチゴ販売所

リシンガでは6月の半ばからイチゴが市場に出回り始めます。

最初の頃は小さい粒が多かったですが、今ではかなり大きいです。

大きいコップ一杯で50MT(約92円)、小さいコップで25MT(約46円)です。

売っている若者にいつも写真を撮れと絡まれます笑

イチゴ狩りツアー参加方法

日本みたいにイチゴ狩りツアーが存在する訳ではありません。

市場でイチゴを売っている人に「畑に行きたい!」と直接交渉します。

畑に行って、イチゴを採って、食べたい!と伝えればどうにかなります(ポル語でQuerer ir horta tirar comer morango!で伝わる気がする)

前々日、前日、当日の朝と交渉し、タクシーを呼んでいざ出発!

イチゴ狩り開始!

タクシーで1時間、そこから徒歩で20分でイチゴ畑に到着しました。

畑のオーナーらしい人と交渉し(タクシーの運転手が交渉してくれました)、イチゴ狩りスタート!

その場で摘んで食べるイチゴは瑞々しく本当に美味しいです。

山に囲まれた盆地のような場所に畑があり、暑くもなく寒くもなく最高の天気の中イチゴ狩りを楽しみました。

タクシーの運転手も食べまくってました。

途中畑のオーナーから「何が目的で畑まで来たんだ?」と聞かれ、「単純にイチゴを摘んでその場で食べるため」と答えたら何故かすごい笑われました。

イチゴを搾取しに来た中国人団体に見えたのでしょうか…

なんだかんだ1時間くらいでみんなイチゴ欲を満たすことができ、素敵な午前中を過ごすことができました。(練乳があればもっとイケた!)

金額はタクシー代500+イチゴ狩り代100で1人600MT(約1,100円)。

みなさんもぜひイチゴを食べにリシンガに遊びに来てください!

それでは、Tchau, Tchau!

イチゴ狩り以外の観光スポットはこちら!

こんにちは。モザンビークで青年海外協力隊としてボランティア活動をしているGoです。 僕が住んでいる町リシンガは、ニアッ...

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

にほんブログ村

ボランティアランキング

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする