アムステルダムをぶらり散歩!オススメ観光スポット6選!

こんにちわ。モザンビークで青年海外協力隊としてボランティア活動をしているGoです。

前回の記事「アムステルダム到着」に引き続き、今日はアムステルダムの主要観光スポットを紹介したいと思います。

独断と偏見で6つ選んでいるので、異論がある人は日本に帰ったときに飲みながらでも語りましょう!

到着初日はドミトリーで快適な夜を過ごし、朝8時くらいに起床。前の日に知り合ったアメリカ人と約束をしていたので、早速一緒に出発!

アムステルダムってどんな町?

アムステルダムってどんな街かご存知ですか?

アムステルダムはオランダの首都で、運河沿いに並ぶ建物がとても綺麗な水の都です。

自然もとても豊かで世界中から観光客が訪れます。

ちなみに「アムステル川」をせき止める「ダム」があった場所だったため、アムステルダムという名前になったとのこと。

扇形に運河が広がり、道路や歩道も綺麗に整備されてます。大きな町ではないので、自転車を借りて街を散策することに決めました。

まず、自転車を借りて朝ごはん。

旅行中のご飯ってなにを食べてもおいしく感じるのは僕だけでしょうか。

天気もとてもよくサイクリングが最高に気持ちいい朝でした。

アムステルダムは自転車大国としても有名であり、乗っている人がとてもたくさんいます。

自転車用の道が整備されているので、安全に移動することができます。車と同様に右側通行で日本の逆なので気を付けてください。

それでは僕のオススメの観光名所6選を紹介します!

1. アムステルダム中央駅

前回の記事でも紹介しましたが、荘厳で美しい駅です。

東京駅のモデルとなった駅ですが、実物は東京駅より立派でした。

アムステルダムの街は中央駅を中心に扇形に広がっているため、ここから観光を始めるのが王道です。

バス、電車、トラム(路面電車)の発着駅であり、立派な観光案内所もあります。

2. 王宮

中央駅から徒歩で10分程歩くと「ダム広場」と呼ばれている観光の中心地があります。

アムステル川をせき止めるダムがあった場所です。

カフェやレストランに囲まれており、大道芸人や観光客で溢れています。

(僕が行ったときは早朝だったのであまり人はいませんでした)

その横に佇むのが「王宮」です。

王宮と呼ばれていますが、実は市庁舎として建てられました。

「絵葉書に出てくるような建物」、と表現されることが多いです。

公共行事が行われているとき以外は入館が可能らしいですが、運悪く僕は中に入れませんでした…

3. アムステルダム国立美術館

中世から現代までのオランダ美術をじっくりと鑑賞できます。

アムステルダムの最大の観光名所と言っても過言ではありません。

オランダといえばレンブラントフェルメールゴッホといった名だたる芸術家が生まれた土地です。

このときの旅行の最大の目的ともいえるレンブラントの「夜警」はここに展示してあります。

最近巷で話題となったフェルメールの「牛乳を注ぐ女」もこの美術館の代表的な作品です。

かなり混雑しているので予約が必要と言われていますが、僕はなぜか並ばずに入れました。しかも無料で。理由はよくわかりません。入れてくれた係の人に感謝です。

美術作品に関して書くとついつい長くなってしまうので、次の記事でまとめて書きたいと思います。

4. ヴァン・ゴッホ美術館

かの有名なヴィンセント・ヴァン・ゴッホの作品が500点以上展示されている美術館です。

みなさん一度は教科書やテレビで見たことがあるだろう「ひまわり」が展示してあります。

しかし、僕が行ったときはなんと工事中で中に入れず。

途方に暮れていましたが「エルミタージュ・アムステルダム別館」で代わりにゴッホ美術館の作品が展示されていました。

本当はエルミタージュ別館も何の展示がされているかとても楽しみにしていたのですが…

ゴッホが見れただけでよしとしましょう。

5. レンブラントの家

(3連続で美術館ですいません)

レンブラントが一時期住んでいた家が美術館として公開されています。

垂れ幕がなかったら通り過ぎてしまいそうな建物です。

レンブラントの作品を深く掘り下げて鑑賞することができます。

レンブラントのアトリエも再現されており、生活空間を感じることができる面白いミュージアムです。

6. 橋

水の都と呼ばれるだけあって橋が至るところにかかってます。なんと1,500もの橋があるそうです。

作られた時代や、川幅によって橋の作りは異なるので、ぜひお気に入りの橋を見つけてみてください。

一番有名なのが「マヘレの跳ね橋」

現存する唯一の木造の開閉橋で、1994年までは手動で開閉を行っていたそうです。

現在は自動になってしまいましたが、船が通るときは開閉するので、運がよければ橋が開くところを見られるかもしれません。

Amsterdo

夜は1500個以上ものライトが点灯され、とても美しく光輝きます。

もっと色々と書きたかったのですが、以上僕がオススメするアムステルダムの観光名所6選でした!

(かなり趣味が偏ってしまってすいません)

アムステルダムの街にはまだまだ観光名所がたくさんあります。

アンネ・フランクが隠れていた「アンネ・フランクの家」やチューリップが畑で有名な「キューケンホフ公園」もとても有名です。

ぜひアムステルダムに訪れた際は、自分のお気に入りの観光スポットを探してみてください。

どうしても書きたくなってしまったので、次はもっと自分の趣味を掘り下げた美術作品について書きたいと思います。

それでは、Tchau, Tchau!

ボランティアランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする