東野圭吾 「容疑者Xの献身」

東野圭吾の最高傑作ミステリーを紹介します。

2005年に「このミステリーがすごい!」、「本格ミステリーべスト10」第1位、2006年には第134回直木賞を受賞しました。

「容疑者Xの献身」

あらすじ

一人娘と平穏な日々を過ごしていた靖子は、しつこく付き纏う前夫を勢いで殺してしまう。

現実を飲み込めず途方に暮れていた時、一本の電話がかかってきた。

「もし警察に届けるということでしたら、なにも言いません。でも、もしそのつもりがないのなら、なにかお手伝いできることがあるんじゃないかと思いまして」

靖子はとても困惑していた。

ほとんど会話をしたこともないが、隣人の石神が自分に好意を寄せていることは薄々気付いていた。

しかし、それだけの理由で、殺人を犯した自分を助けたりするだろうか。

高校教師として働いていた石神は靖子を救うため完全犯罪を企てる。

彼が練り上げた策は完璧だった。

しかし不運にも、大学時代の親友である天才物理学者の湯川学がその謎に挑むこととなる。

幾重にも張り巡らされた緻密な計算を一つ一つ解いていく湯川。

もはやここまでか、と悟った石神は後戻りができない最後の手段にでる。

石神が靖子を助けた目的は一体なんだったのか。

そして天才数学者石神が考えた常軌を逸した驚愕のトリックが明らかになる。

感想

間違いなくオススメの一冊です。

正確な順位をつけているわけではないですが、個人的には東野圭吾作品の中でトップ3に入る面白さです。

工学部出身なだけあり、理系要素が織り込まれた作品が多いですが、まさにその集大成とも言える綿密で穴のないトリックに鳥肌が立ちました。

初めから犯人が分かっている状況で、どのように殺人を隠蔽したかを読者は考えさせられます。

ガリレオシリーズでは定番の作風です。

毎度のことながら伏線はしっかりと張られているのに、全く予想がつかない。

どうやったらこんなにもたくさんの難解なトリックを考えられるのか不思議で仕方ありません。

一般人の僕とは完全に頭の造りが違うのでしょうね…

「容疑者Xの献身」は見事なトリックもそうですが、登場人物の心情の変化も読みどころの一つです。

殺人を犯してしまったのに何故だかわからず助けてもらっている靖子、大学時代の友人を疑ってしまう天才物理学者湯川、少しずつ状況を理解していく刑事草薙。

最後まで真実はわからない中で、揺れ動く心の変化の描写が、読者の期待と不安を煽ります。

そしてとにかく切ない…

切ない空気が作品全体を包み込んでいます。

アッ!と驚かされたい、推理小説で感動したい、という人はぜひ東野圭吾「容疑者Xの献身」を読んでみてください!

東野圭吾さんの作品は大好きで、多分ほとんど読んでいるので、同じく好きな人がいましたら是非語りましょう!!

それでは、Tchau, Tchau!

ボランティアランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする