山と茶畑に囲まれた美しい町「Gurué」を紹介!

こんにちは。モザンビークで青年海外協力隊としてボランティア活動をしているGoです。

先日先輩隊員に誘われてザンベジア州にある「グルエ(Gurué)」という町に行ってきました。

日本のガイドブックには記載されていない町なのですが、Lonely Planetなどの海外のガイドブックには載っている見どころ満載の町です。

今日はそんな山と茶畑に囲まれた美しい町「グルエ」を紹介したいと思います!

Gurué

僕が住んでいるニアッサ州に隣接するザンベジア州の北に位置するグルエ。

決して大きな町ではないですが、山からの水や広大な畑から採れるお茶が有名です。

ちなみに僕は家でGuruéの水を飲んでいます。

行き方は様々ですが、僕が住んでいるリシンガからは電車とバスを乗り継いで行きます。

朝6時出発の電車に乗り、15時にクアンバに到着。

そこからすぐにバスに乗り換えて21時にグルエに辿りつきました。(長距離移動は慣れていますが結構きつかった…)

ザンベジア州の州都ケリマネからはバスで6時間程で行くことができます。

町並み

町自体はとても小さいです。

坂になっている大きな通り沿いにお店やホテルが並んでいるだけで、町全体を歩いて見て回ることができます。

ホテルも2つしかなく、レストランもホテルに併設されているところしかありません。

小さな町ですが、町並みは美しく、散歩するだけで楽しむことができました。

山と茶畑

ふと遠くに目をやるととても綺麗な山が…!

僕の住んでいるリシンガにはない景色でちょっと感動しました。

何故だか見ているだけで山からパワーをもらえる気がするのは僕だけでしょうか。

また、町から少し離れると辺り一面に茶畑が広がっています。

見惚れすぎてこの写真の場所に1時間以上いました(山とのコラボが絶景)。

茶葉を作っている工場が近くにあるということで行ってみましたが、生憎中には入れてもらえず…

(映画に出てきそうな工場で廃墟感がすごい)

しかし、工場への道のりも永遠と続く茶畑で最高に気持ちよかったです。

現地語

最後に、使えば必ず喜ばれる現地語の挨拶を紹介します!

道行く人に何度も聞いて教えてもらったのですが、発音がとても難しかったです…

Guruéの現地語「ロムエ」

元気ですか?:もしぇりわ?

元気です。あなたは?:こしぇりわ かぁひぃ えくぅまぁにゅ?

通りすがる人にとにかく「もしぇりわ?」と声をかけていましたが、みんな笑顔で返答してくれました。

やはり現地語での挨拶は現地の人と交流する上でとても大切ですね!

アクセスが悪いのが少し難ですが、グルエはぜひみんなにオススメしたい町です。

大自然に囲まれており、とても長閑でゆったりとした時間を過ごすことができます。

モザンビークといえば海に行きがちですが、ぜひグルエにも足を延ばしてみてください!

グルエにある有名なナムリ山についてはこちら!

こんにちは。モザンビークで青年海外協力隊としてボランティア活動をしているGoです。 モザンビークにはとても綺麗な海岸が...

それでは、Tchau, Tchau!

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

にほんブログ村

ボランティアランキング

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする