モザンビーク料理は最高に美味い!!

こんにちは!モザンビークで青年海外協力隊としてボランティア活動をしているGoです。

いきなりですが、皆さんモザンビーク料理ってご存知ですか?

僕は正直モザンビークに来るまでは、ざっくりとした味付けの肉、フライドポテト、煮込んだ豆…みたいのを想像していました。

しかし、モザンビークに来て一番の驚きは、何といってもご飯がウマいことでした。

野菜も肉も魚もとっっっても美味しいんです。

ぜひモザンビークの料理をみなさんに知ってほしいので、ホームステイしていた時のお母さんTudinhaが作ってくれたモザンビーク料理と、首都マプトのレストランで食べられる料理をいくつか紹介したいと思います!

モザンビークの母の味

Feijão nhemba com camarão

大き目の豆の煮こみ料理です。feijãoが豆という意味で、nhembaっていう種類の豆になります。エビ(camarão)が入っていることが多く、塩コショウで味付けされてます。ご飯やXima(トウモロコシを乾燥させて練ったもの)にとても合います。

Carapau grelhado

アジの丸焼きです。オリーブオイルをかけて食べます。身がしっかり詰まっていて美味しいです。

Mboa

かぼちゃの葉っぱをすり潰したピーナッツ、トマト、玉ねぎと共に煮込みます。まろやかな味わいで絶品です。

Caríl de galinha

モザンビーク人はカレーをよく食べます。なぜなら、モザンビークはバスコ・ダ・ガマが発見したインド航路の中継地だったためです。

インドカレーと日本のカレーの中間くらいの味付けでとても日本人好みの味です。カレー好きの僕にはたまりません。

Cacana

手前の緑と白のソースみたいなのがCacanaです。Cacanaと呼ばれている葉っぱを牛乳、ピーナッツ、キャッサバと煮込みます。

苦いです。でもその苦味が癖になります。

Mudjuju

朝ごはんに食べる、とてもすっきりしたスープです。レモンを絞って食べます。二日酔いによく効きます。

ちなみに「もぅくゅーくゅー」と発音します。

Chamuça

インド料理のサモサですが、ピリピリ(唐辛子)が入っていることが多いです。軽食として道端でもよく売られています。一つ大体10円。

マプトのレストラン

Sopa de legumes

朝ご飯に食べるスープなんですが、たったの40円!野菜たっぷりのスープで身体に優しい味がします。

Mariscos

モザンビークは海に面しているため、魚介類がとても新鮮でおいしいです。

牡蠣、サザエ、エビ、カニ、貝類がたっぷり乗ったこの一皿は最高でした。

Massa com galinha

鶏肉とパスタは定番の昼食です。モザンビーク人は茹で過ぎくらいの麺が好きらしいです。少しぶよぶよしてる気もしちゃいますが、味はとても美味しいです。

Lula grelhada

イカも新鮮でとても美味しいです。

僕が住んでいるリシンガはかなり内陸にあり、なかなか魚介類が手に入らないので、首都マプトに行くときは海鮮料理をたらふく食べようと思っています。

いかがだったでしょうか。モザンビーク料理を食べてみたくなりましたか?

他にも牛の内臓の煮込み料理や、焼いたレバーなど美味しい料理がたくさんあります。

毎日自炊を頑張っているので、いつかはモザンビーク料理を作れるようになりたいと思っています。振る舞うのでみんな遊びに来てね!

それでは、Tchau, Tchau!

ボランティアランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする