ブログ100記事突破!1年間ブログを続けてみて思うこと。

こんにちは。モザンビークで青年海外協力隊としてボランティア活動をしているGoです。

読書とか旅行とかボランティアやアフリカ以外のこともたくさん書いてきましたが、なんと気づいたら100記事突破してました!

書いてない時期も結構ありましたが、ぼちぼち更新してきた自分をとりあえずは褒めたいと思います。

(オレ偉い!神!天才!優勝!)

長く続ける一番簡単なポイントは、無料ブログではなく有料ブログで記事を書く事です。

ちなみに僕はサーバーの保守代をすでに3年分払っているのでやめるにやめられません。

せっかく101記事目という区切りの記事なので、今日はモザンビークやボランティアのことではなく、まさにこのブログについて書きたいと思います。

他人のためではなく、自分のため

ブログを始めた理由

僕がブログを始めた理由は単純で、「自分が何をしたか」「何を考えたか」を記録に残したかったからです。

悔しい気持ちや嬉しい気持ち、感動したことなど、その瞬間の感情は日々薄まっていってしまいます。

自分の考えや気持ちを文字に起こし、ブログに綴り、たまに読み返す。

直接的に悔しいとか悲しいとか書かなくても大丈夫です。

その時の文章を読み返せば、不思議と悔しかった気持ちや、嬉しかったという感情を思い出し、初心にかえることができます。

とにかく何かしら記録に残したいと思い、このブログを開設しました。

「自分のため」が、いつかは「他人のため」になる

自分のために始めたブログですが、もちろん読んでくれる人たちがいます。

やはり誰かに読んでもらえるというのはとても嬉しいです。

日記とは違い、人に読まれるというのはモチベーションになります。

自分のために始めたブログですが、いつか僕の書いた記事が協力隊になりたい人やモザンビークに来たい人の役に立つ日がくれば最高です。

自分に嘘はつかないようにしながら、人に読まれる文章を書いていきたいと思います。

ブログを書かない理由がない

よくよく考えてみるとブログを書くことのメリットはたくさんありますが、デメリットはほとんどありません。

良いことずくめなので説明します。

頭を整理できる

文字におこすことで自分の考えや気持ちを整理することができます。

頭で考えてるだけの時と比べると雲泥の差です。

○○について書こう!⇒1時間くらいで書けるかな?⇒やばい、全然書けない⇒まずは頭の中整理しなきゃ…

この流れを未だに毎回繰り返してます笑

文章にすることは頭の中を整理するのに最適です。

そしてそれを繰り返せば、頭の中で物事を論理的に考え、整理するスピードがどんどん上がっていきます。

ポルトガル語や活動へのモチベーションになる

頭の中が整理されると、自分に何が足りないか、今後何をするべきなのかが、はっきりわかってきます。

書くことによる気付きは多々あり、その気付きが自分のやる気を保つうえでとても大切です(僕の場合はポルトガル語と活動への取り組み方)。

また、記事を読み返すことで初心にかえり、更なるモチベーションアップに繋げています。

読みやすい文章がかけるようになる

最初の頃に比べると、書く事にも慣れてきて(自分的には)読みやすい文章が書けるようになったと思います。

意識していることは、「です・ます」を連続して続けないようにすること。

体言止めや否定、疑問、話し言葉を織り交ぜて、今後も「読みやすさ」を心掛けていきたいです。

継続は力なり

自分ためとは言っておきながら文章を綴るのは意外と頭も体力も使います。

そのため、コンスタントに更新するのが正直大変です。

ブログ書きたいけど、続けられる自信がない…という人に僕なりの続けるためのポイントを紹介します。

お金をかける

冒頭にも書きましたが、一番簡単な方法は無料ではなく有料でブログを運用することです。

無料だったらいつでもやめてしまうことができますが、有料だと「もったいない」という気持ちが発生します。

宣伝する

誰かに読んでもらえると考えるともうちょっと頑張ろうという気になります。

「ブログいつも読んでるよ!」なんて言われた日にはもうウハウハですね。

人に読んでもらうためには宣伝しましょう!

小説家でもない自分が書いた拙い文章を見せるなんて恥ずかしいという風に思うかもしれませんが(実際に最初の頃僕がそうでした)、誰もそんなこと気にしていません。

だってみんな僕が小説家じゃないただの一般人ってことを知ってますもん。

兎にも角にもFacebookやTwitterなどで宣伝しちゃいましょう。

誰かの暖かいコメントが自分の力になること間違いなし!

無理は禁物

書く内容も量も頻度も無理をしてはいけません。

ブログを書くのは義務ではないので、気分の乗らない日は手を休めてください。

自分に甘い、と言われるかもしれませんが、考えが甘いかどうかなんて人それぞれ。

ブログが嫌いになる前に休憩をとることはとても重要です。

また、読み手を意識しすぎるのもよくありません。

どう思われるかを気にしすぎて、実際の出来事や自分の考え、思っていることを書けなかったら本末転倒です。

自分の思っていることや書きたいことを無理せず素直に書いちゃいましょう。

それでもとにかく書く

無理をしない程度にとにかく書くことを僕は意識しています。

すごい短い文章でもよし、写真多めでもよし、とりとめがなくてもよし。

例えば、この記事もただ僕が書きたい内容だから書いています(初心者の僕がブログや文章について書くなんて100年早い)。

たった100記事、SEOとか意識してるわけじゃない、先月1ヵ月更新してない、文章も下手、書かない理由を挙げたらキリがないです。

でもそんなこと気にせず気が向いたときにとにかく書く。

そうやって続けていけば、いつか素敵な文章が書けるようになるはずです!

世界をより身近に

モザンビークでもインターネットは普及しており、どこで何をするにしても情報を手に入れることができます。

それはもちろん日本でも同じです。

しかし、日本語という限られた世界では全ての情報が網羅されている訳ではありません。

1日100円以下で生活する人々、継続的に発生しているテロ、なくならないアルビノ狩り。

異国から来た僕が住まわしてもらっているモザンビークのリアルを発信するのは、僕の義務だと考えています。

「世界をより身近に」

モザンビークの現状を知ってほしい。

同じ世界で起きている出来事をもっと自分事として捉えてほしい。

それが僕の願いでもあり、ブログを通して発信している理由の一つです。

もちろん陰の面だけでなく、陽の面もたくさんあります。

広大な自然や美しいビーチ、美味しい料理、オシャレなアフリカ布、陽気で心の暖かいモザン人。

良いところ悪いところの両方を多くの人に知ってもらい、モザンビークに少しでも興味を持ってもらえれば最高に嬉しいです。

長々と書いてしまいましたが、今後も自分のため、誰かのためになるブログを目指して文章を書いていきたいと思います。

もしブログについて聞きたいことがありましたら、遠慮せずに聞いてください。

Twitterを見ているとブログを本気でやってる人が多く、「そんなの自分で調べろ!」と言われそうでなかなか質問しづらいと思いますが、僕はそこまでのガチ勢ではないので気軽にどうぞ!

もちろんボランティアのこと、モザンビークのことについての質問も大歓迎です!

それでは、Tchau, Tchau!

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

にほんブログ村

ボランティアランキング

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. HIROSANE より:

    久しぶりに見ました(笑)いつもは読んでませんがときどき覗いてますw
    文字におこすことで情報を整理できて、今後何をするべきなのかが、はっきりわかってくるというのは完全に同意ですね。僕もブログとかに書こうかなw

    • nattunatu より:

      ご無沙汰してます!
      たまにでも読んでいただけると嬉しいですw
      日本帰ってみなさんと飲むのが待ち遠しいです!笑