ついに!!モザンビークに到着!!

おひさしぶりです。モザンビークで青年海外協力隊としてボランティア活動をしているGoです。

更新がかなり久々になってしまいました。というのも、3月15日に訓練所を退所し、そこからバタバタと色々な準備をしていました(飲み会が大半でしたが)。

そしてついに、4月3日にモザンビークに到着しました!今はJICAのドミトリーでのんびりと休日を過ごしています。

訓練所のことをもうちょっと書く予定だったのですが、僕の生活をできる限りリアルタイムでお届けしたいので、モザンビークに来てからの6日間について今回は書きたいと思います!

① 出発~到着

4月2日の朝8:50の便で出発。見送りに来てくれたみんなありがとう!!

香港で乗り継ぎ時間11時間30分を経て南アフリカへ。そこからさらに乗り継ぎマプトに到着。トータル約35時間の長旅でした。日本の真夏と同じくらい暑い…!

② 1日目

到着してすぐに事務所へ。昼食を食べ、書類書いたり携帯電話を受けとったりして終了。夜は調整員と先輩隊員のみなさんに軽い歓迎会を開いて頂きました。

初日に思ったのは、モザンビークはとにかくご飯が美味しい!海が近くにあることもあり、海鮮が最高です。

③ 2日目

健康と安全に関する講義をJICA事務所で受けます。健康管理と安全対策を最も優先しなければと改めて思いました。

健康管理は特に食べる物と蚊に注意が必要です。食材や水は火を必ず通し、蚊に刺されないように寝るときは蚊帳を利用します。

安全対策はとにかく外でむやみに携帯や財布を出さないことや、不用意に出歩いたりしないように気を付けたいと思います。外で飲みすぎないことも大事です。飲みたいときは家で!

またこの日は人生で初めて自分で自分に針を刺しました。そう、マラリア検査キットです。マジで痛いし怖かった…

④ 3日目

午前中にモザンビークのボランティア活動の講義があり、午後は日本大使館に表敬訪問に行きました。2年間の決意表明をばっちりしてきました。まだまだモザンビークの料理に飽きないので、一切自炊はせず外食の日々。

イカも新鮮!本当においしいです。

⑤ 4日目

午前中はJICAと契約している現地の警察のお偉いさんから地元の安全事情についての講義を受けます。

ポルトガル語と英語での講義でしたが、ポルトガル語はほとんどわからず…午後はその方と市内を車で回り、歩いてはいけない場所などの確認をしました。

⑥ 5日目

初の休日です!休日ですがほとんど毎日食べている朝ごはんのスープを食べに出かけました。

物価は安くないのですが、このスープはたったの40円!大変助かってます。

その後は、先輩隊員にシャパと呼ばれる小型のバスの乗り方を教えてもらい、下町を散策しました。スリなどに気を付けなければいけないのですが、多くのモザンビーク人はとても優しく、気さくに話しかけてくれます。でも油断は禁物!

あと、この日(4月7日)は1967年4月7日に亡くなった、英雄Sra. Josina Machelの命日にちなんだ女性の日だそうです。広場で女性が民族衣装のカプラナを着て歌って踊っています。

⑦ 6日目

日曜日です。だらだらとこの記事を書いてます。毎日大変暑いですが、今のところ健康に楽しく生活できています。

近くの公園でカプラナ市が開かれてます。

不安がたくさんある状態でモザンビークに来ましたが、JICA事務所のスタッフも、先輩隊員もとても優しく、快適に過ごしています。モザンビーク人も本当に優しく、Amigo!と声をかけてくれたり、物売りも高い値段をふっかけてきたりしません。

あと個人的にすごい嬉しいのは、モザンビーク人は多分ビールが大好きで夕方からみんなすごい飲んでます笑 僕も負けじと現地の人たちに交じって拙いポルトガル語を使いながら毎日飲みまくってます。

ネット環境があまりよくないので、次いつ更新できるかわかりませんが、また日々の生活について更新していきたいと思います!

モザンビークに遊びに来る人は絶対連絡してね!!

始まったホームステイについてはこちら!

こんにちは!モザンビークで青年海外協力隊としてボランティア活動をしているGoです。 今は4月ですが南半球に位置するモザ...


ボランティアランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする